坐骨神経痛

  1. お尻から足にかけて痛み・しびれがある
  2. 長く座る・立っていると痛みが辛くなる
  3. 歩くと足の痛みで歩けなくなる
  4. 足がしびれて力が入りにくくなっている

坐骨神経痛とは? 宇都宮市 今泉はりきゅう整骨院

坐骨神経痛とは坐骨神経が通っている腰からお尻、ふくらはぎ・足にかけて痛み・しびれが起こります。坐骨神経痛は病名ではなく症状の総称になります。
そのまま痛みやしびれを放置していると、歩くのが困難になったりと日常生活に支障が起きてしまうことがあります。
酷くなる前には一度、今泉はりきゅう整骨院にご相談下さい。

坐骨神経痛の原因とは? 今泉はりきゅう整骨院

坐骨神経痛を引き起こす原因は様々ですが、病院などでよく言われているのが「腰痛ヘルニア」・「腰部脊柱管狭窄症」・「変形性腰椎症」・「梨状筋症候群」などがあります。

腰椎椎間板ヘルニア
腰椎椎間板ヘルニアとは脊椎にある椎間板内になるゼリー状の髄核が腰の骨の間から外に脱出したとこで、神経根を圧迫し痛み・しびれが起きる症状のことです。
脊柱管狭窄症
脊柱管狭窄症とは加齢により、腰にある背骨や椎間板が変形し、神経の通り道である脊柱管が狭くなったことで、神経が圧迫され腰からお尻、足に痛み・しびれが起きます。
梨状筋症候群
梨状筋症候群とは、お尻にある梨状筋が柔軟性を失い筋硬化したとこで、梨状筋の近くを通る坐骨神経を圧迫し、お尻からふくらはぎ、足にかけて痛み・しびれが起きます。

最近では、デスクワークなどによって運動不足により筋肉(特にインナーマッスル)が低下し身体のバランスが悪く骨盤が歪んだ状態になっている方が多いです。そのため不良姿勢を続けたことで、過度に腰やお尻の筋肉に負荷がかかり硬くなることで坐骨神経を圧迫し坐骨神経痛になる場合が増えています。

今泉はりきゅう整骨院 坐骨神経痛の施術方法

当院では坐骨神経痛が出ている原因を突き止めるため、丁寧なカウンセリング・検査を行います。
痛みやしびれの度合いや範囲、筋肉の硬さ、骨盤から背骨のバランスなどをチェックしお身体の状態を把握してから必要な施術や方針をご説明いたします。

身体のバランスが崩れている方は骨盤矯正をします。

偏った日常生活によりお身体のバランスが崩れ骨盤が歪んだ状態を骨盤矯正で整えることで、常に負担のかかっていた筋肉・関節を負担のないニュートラルの状態に戻し痛み・しびれの回復を導きます。

筋肉の緊張が強い場合や痛み・しびれが強い方は鍼治療を行います。

鍼治療により硬くなっている筋肉を緩め、神経が過敏になっている状態を正常に戻していきます。痛みの緩和・血流促進により坐骨神経痛の症状緩和に繋がります。

セルフケア・ストレッチのアドバイスや体幹トレーニング

インナーマッスルトレーニング

自宅でできる体操やストレッチ、日常生活の注意点などのアドバイスも行っています。
また、再発予防としてインナーマッスルを鍛えられるトレーニング機器もございます。