腱鞘炎(指・手首)

このようなお悩みはありませんか?
  1. 物を握ると指の付け根が痛い
  2. 子供を抱っこすると手首が痛い
  3. 朝起きると指がこわばる・指がひっかかる
  4. PC・スマホの使い過ぎで指が痛い
  5. 親指が腫れて痛みがある

腱鞘炎とは/今泉はりきゅう整骨院

腱鞘炎とは指や手首にあるスジ(腱鞘)が何らかの原因によって炎症し、腫れ、痛み、引っ掛かりなどを起こすことを腱鞘炎と言います。


一般的な原因は使い過ぎによる炎症が多いです。また、更年期の女性や妊産婦に多いことからホルモンバランスの崩れによって発生しやすい、という特徴もあります。


腱鞘炎は悪化すると日常生活・仕事に大きな支障が出るため、適切なケアが必要であります。

腱鞘炎の症状/今泉はりきゅう整骨院

親指の付け根から手首にかけて腫れや痛みが起き、短母指伸筋腱・長母指外転筋腱の炎症をドケルバン病と呼びます。


手を使うことが多い産後の女性や更年期の女性に多くみられます。
仕事(料理人・美容師・職人の手作業)で手をよく使う方も多いです。


最近は、パソコンやスマホの使い過ぎで痛みが起きることも増えております。


手指の腱に炎症が起きるのをばね指と呼びます。

腱が炎症によって肥厚し腱鞘を通る際に引っかかりが起きたり、さらに伸ばそうするとばねの様に弾かれます。

腱鞘炎の検査・治療/今泉はりきゅう整骨院

当院ではエコー(超音波観察装置)を使って患部の状態を詳しく検査しております。


痛みが強い時や腫れがある場合は、炎症を抑えるための特殊電気(微弱電流・超音波)、鍼治療どを行います。


症状によっては固定具(シーネ固定)を作成しております。


ストレッチや運動療法などのセルフケアを行い、再発予防に取り組んでいます。


腱鞘炎は放置すると症状が進行してしまうことがありますので、早期ケアが大切になってきます。